コロナで需要減の日本酒 青森県内蔵元、受賞を起爆剤に巻き返しへ

需要減が続く日本酒の普及促進に取り組む青森県酒造組合の駒井秀介広報委員長=27日、八戸市 
需要減が続く日本酒の普及促進に取り組む青森県酒造組合の駒井秀介広報委員長=27日、八戸市 
新型コロナウイルスの影響で日本酒の需要が大きく落ち込んでいる。青森県酒造組合によると、飲食店の休業や利用客の減少、宴会中止などを背景に、2020年度の出荷数量は19年度比で2割減となった。一方、今月にロンドンで開かれた世界規模の品評会の「S.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録