疾患のない人も同時並行 ワクチン接種巡り厚労相

田村憲久厚生労働相は30日のNHK番組で、64歳以下を対象とする新型コロナウイルスワクチン接種を巡り、基礎疾患がある人の接種と同時並行で、疾患のない人の接種も進められるとの考えを示した。疾患がある人の優先を原則とするが、疾患の有無は自己申告.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録