Free八戸の「ズーモア」に県産ペット用品登場 フード、ウエアなど

青森県産食材などを使用したペットフードと南部菱刺しのウエアをPRするサンデーの社員=26日、八戸市
青森県産食材などを使用したペットフードと南部菱刺しのウエアをPRするサンデーの社員=26日、八戸市

東北地方でホームセンターを展開するサンデー(八戸市)は26日、大間のマグロなど青森県産や三陸沖の食材を使った無添加のペットフードと、南部菱刺しのペットウエアを発売した。同市城下4丁目のペット専門店「ペットライフパートナーZoomore(ズーモア)八戸店」で取り扱っている。地産地消を推進し、伝統技術継承の支援にもつなげたい考えだ。

 同社によると、近年は「ペットは家族の一員」との意識が根付いており、安心安全な食材や特別感のある衣服を求める飼い主は増加傾向にある。こうしたことから、ペット用としては初めて、同社のオリジナル商品を考案した。

 フードは「青森の恵み」シリーズとして、大間のマグロや八戸のイワシ、三戸のブルーベリー、藤崎のリンゴなどを使用。常食用1種類とおやつ用2種類を開発した。ウエアは、地元の伝統工芸・南部菱刺しで1点1点手作りで仕上げた。

 同社商品開発担当でフードを手掛けた石黒愛さんは「家族の一員であるペットに安全安心な食べ物を提供するため、ぜひ試してみてほしい」、ウエアを手掛けた石橋昌子さんも「特別な一着として愛用してもらえれば」とPRしている。

 価格はいずれも税込みでフードが200グラム847円、500グラム1617円。ウエアはXS~Mの3種類のサイズ展開で、XSサイズ5280円から。

お気に入り登録