縄文遺跡群、世界文化遺産へ ユネスコ諮問機関 登録勧告

世界文化遺産登録がほぼ確実となった「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する三内丸山遺跡
世界文化遺産登録がほぼ確実となった「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する三内丸山遺跡
青森県などが今夏の世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)は26日、登録するよう勧告した。7月にオンラインで開かれるユネスコの世界遺産委員会で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録