【サッカー天皇杯1回戦】ヴァンラーレ、ピッチで躍動

「カテゴリーの違いを見せなければいけない」。葛野昌宏監督の発破に応えるように八戸の選手たちはピッチで躍動し、33本のシュートを浴びせ、13得点、無失点での勝利。後半から出場してハットトリックを達成したMF相田勇樹は「90分通してやるべきこと.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録