【連載・菜園はじめました】素人の挑戦

不慣れな手つきで鍬を扱い、市民農園を耕す記者
不慣れな手つきで鍬を扱い、市民農園を耕す記者
今春から農業担当となった。食べるのが“専門”で、農作物の栽培には、ほとんど触れることなく生活してきた。取材で生産者から作物の栽培法や生育状況を教えてもらったが、初めて聞く言葉の連続…。何も知らずに生きてきたと実感するしかなかった。 「ほんの.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録