コンゴで火山噴火 空港に溶岩到達

 コンゴ(旧ザイール)東部のニーラゴンゴ山の噴火=22日(@officialraphaelileso提供・AP=共同)
 コンゴ(旧ザイール)東部のニーラゴンゴ山の噴火=22日(@officialraphaelileso提供・AP=共同)
【ナイロビ共同】ロイター通信によると、コンゴ(旧ザイール)東部のニーラゴンゴ山(3470メートル)が22日に噴火した。地元の国立公園職員は、流出した溶岩がすぐ南に位置する都市ゴマの空港に到達したと話した。 溶岩は主要道路を寸断、広いエリアで.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録