八戸市長、4期目任期半年 「ハコ物」経費に厳しい視線 

小林市政で誕生した八戸市中心街の大型公共施設(写真はコラージュ。左上から時計回りに、市立屋内スケート場、はっち、八戸ブックセンター、マチニワ。中央は開館を控える新美術館)
小林市政で誕生した八戸市中心街の大型公共施設(写真はコラージュ。左上から時計回りに、市立屋内スケート場、はっち、八戸ブックセンター、マチニワ。中央は開館を控える新美術館)
小林眞八戸市長(71)の4期目の任期が16日で残り半年となった。2017年11月からの今任期中は、中心街のマチニワや市立屋内スケート場など大規模な公共施設が完成した一方、新型コロナウイルスの影響で税収減や経済対策への財政出動など過去にない難.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録