外来のチョウ・アカボシゴマダラ、生息域拡大 餌競合で在来種に悪影響も

 羽化する、特定外来生物に指定されているアカボシゴマダラ=12日、福島県いわき市
 羽化する、特定外来生物に指定されているアカボシゴマダラ=12日、福島県いわき市
特定外来生物に指定された中国原産のチョウで、1990年代から関東地方で増えているアカボシゴマダラが東北、中部地方などにも生息域を広げている。餌となるエノキの葉は、オオムラサキやゴマダラチョウなど在来種と競合するため悪影響が懸念される。 福島.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録