【県春季高校野球】大湊、八回10失点で万事休す

大湊は中盤まで3点差に食い下がっていたが、八回に痛恨の10失点で万事休す。四球や失策が続出しての大量失点に、飛内尚人監督は「(新型コロナなどの影響で)実戦経験不足。集中力が足りない」と敗因を挙げた。 継投で相手打線の目先を変える作戦だったが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録