【県春季高校野球】八学野西、ボール球見極め徹底

【八学野西-大湊】8回八学野西1死二、三塁、川原登瑚が右前適時打を放ち、7-2とリードを広げる=八戸東球場
【八学野西-大湊】8回八学野西1死二、三塁、川原登瑚が右前適時打を放ち、7-2とリードを広げる=八戸東球場
相手の継投にも惑わされること無く、17安打で計14得点と打線が爆発した八学野西。3打点の川原登瑚は「持ち味の対応力を発揮できた。ボール球の見極めを徹底したことが大量点につながった」と胸を張った。 序盤は右下手投げの相手先発を攻めあぐねたが、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録