Free建築学ぶ学生が作品披露 設計図や模型を展示

学生の力作が並ぶ展示会
学生の力作が並ぶ展示会

八戸工業大(坂本禎智学長)工学部土木建築工学科の学生による「設計演習課題作品展示会」が14日、八戸市内丸1丁目の「空き家リノベーションプロジェクト(アキヤプ)」で始まった。16日まで。

 同科で建築を専門に学ぶ4年生11人が手掛けた一軒家、集合住宅、公共施設などの設計図や模型が並んでおり、それぞれの学生の独創性あふれる作品を一度に見ることができる。学生も会場に常駐する。

 同科4年の松田涼希さん(21)は「建築に詳しくない人にも、私たちが学んでいることを知ってほしい。模型も作り込んでいるので面白いと思ってもらえるのでは」と話し、多くの来場を呼び掛けた。

 入場無料。開催時間は午後1~5時。

お気に入り登録