【女性アスリート性的画像問題】五輪目前、警視庁が強い姿勢示す 選手考慮し「著作権」駆使

 性的画像の被害撲滅に取り組むJOCなどの共同声明をデザイン化したボード(左上)、足首までを覆う「ボディースーツ」で演技するドイツの女子体操選手(右上)、女性スポーツ選手の画像を巡る著作権法違反事件で警視庁が押収したパソコン(下)のコラージュ(写真はロイターなど)
 性的画像の被害撲滅に取り組むJOCなどの共同声明をデザイン化したボード(左上)、足首までを覆う「ボディースーツ」で演技するドイツの女子体操選手(右上)、女性スポーツ選手の画像を巡る著作権法違反事件で警視庁が押収したパソコン(下)のコラージュ(写真はロイターなど)
女性スポーツ選手らを長年苦しめてきた性的画像問題が立件された。警視庁はテレビ番組の画像をアダルトサイトに無断転載した疑いで男を逮捕。東京五輪・パラリンピック開幕目前に、強い姿勢を示す形となり、スポーツ界から歓迎する声が上がった。一方、捜査当.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録