【コロナワクチン】接種後に陽性事例相次ぐ 免疫に時間、感染対策継続を

 ワクチン接種後の主な感染例
 ワクチン接種後の主な感染例
新型コロナウイルスワクチンの接種後、検査で陽性となる事例が世界で相次いでいる。老人ホーム入居者や医師らに加え、パキスタン首相ら首脳の感染も確認。重症化のリスクを低減させる効果もあるが、免疫ができるまで投与完了後約2週間かかるとされる。米疾病.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録