【国内コロナ死者1万人超】予期せぬ別れ、どう向き合う 精神科医・作家、岡田尊司さんインタビュー

 「母は遠くに行ったのではなく、近くにいるように感じる」と語る岡田尊司さん
 「母は遠くに行ったのではなく、近くにいるように感じる」と語る岡田尊司さん
日本国内で新型コロナウイルスに感染し、亡くなった人が1万人を超えた。感染症の流行は、大切な家族との死別やみとりの在り方にまで深い影響を及ぼした。入院した家族とは面会もできず、最期を迎えても言葉さえ掛けられない。精神科医で作家の岡田尊司さんは.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録