出会いを耕す新たな形の美術館に/八戸市新美術館・佐藤館長インタビュー

「時代に合わせて変化し続けられる美術館でありたい」と語る佐藤慎也館長=八戸市美術館のジャイアントルーム
「時代に合わせて変化し続けられる美術館でありたい」と語る佐藤慎也館長=八戸市美術館のジャイアントルーム
アートによるまちづくりの中核施設として、11月に開館を控える八戸市美術館。収蔵品を展示るだけにとどまらず、市民やアーティストが集い、自由に活動することで地域の可能性を引き出す「学びの拠点」としての役割を軸に、今までにない形の美術館を目指す。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録