久慈高生らSDGs学ぶ 八工大の田中教授が解説授業

授業の合間の休憩時間に田中義幸教授(右)から研究内容について説明を受ける生徒
授業の合間の休憩時間に田中義幸教授(右)から研究内容について説明を受ける生徒
岩手県立久慈高(中野達博校長)は4月28日、「高大連携」プログラムとして国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」に関する授業を同校で行った。八戸工業大生命環境科学科の田中義幸教授の解説を通じ、1、3年生284人が社会的な関心が高まって.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録