【大相撲夏場所】有望な坂本兄弟、初土俵へ 父角界去るも、決意揺るがず

将来有望な兄弟が第一歩を踏み出した。先代時津風親方(元幕内時津海)の長男坂本博一(三農高出)、次男正真はともに今春卒業した高校、中学時代に全国大会で活躍。師匠となるはずの父は不祥事で角界を去ったが、息子たちの決意は揺るがなかった。 5月9日.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録