天鐘(4月24日)

沢木耕太郎さんといえば紀行小説『深夜特急』。自身を俯瞰(ふかん)した「私」がリュックを担ぎ、湧き上がる興味に身を委ね、異国の雑多な文化に触れる。描写から伝わる、街と人の匂い。読む者を旅に駆り立てた▼初めての冒険は小学生。不意に思い立ち、自宅.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録