読んでみて「NobuとToshi」 地元有志、田子中に小説寄贈

田子中の新入生に歴史小説「NobuとToshi」を贈った村上保信代表(左から5人目)、釜渕嘉内副代表(同2人目)ら
田子中の新入生に歴史小説「NobuとToshi」を贈った村上保信代表(左から5人目)、釜渕嘉内副代表(同2人目)ら
南部家当主26代信直、27代利直の親子を題材にした歴史小説「NobuとToshi」を子どもたちに読んでもらおうと、田子町の有志でつくる「『NobuとToshi』愛読を広める会」(村上保信代表)が町内の学校へ本の寄贈を続けている。田子城主だっ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録