事故の怖さ目の当たり 三戸小中で交通安全教室

ベビーカーを押して横断歩道を渡る歩行者と自転車がぶつかる事故を再現するスタントマン
ベビーカーを押して横断歩道を渡る歩行者と自転車がぶつかる事故を再現するスタントマン
小中一貫三戸学園三戸小中(小林孝史校長)で14日、スタントマンが自転車事故を実演する交通安全教室が開かれた。中学1~3年生と小学5、6年生の約300人が参加し、事故の怖さと交通ルールを守る大切さを学んだ。 スタントマンは自転車に乗り、歩行者.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録