【ワッツ―仙台】終盤、守備にほころび

相手に簡単にシュートを打たせず、ロースコアの接戦に持ち込んだ青森だったが、第4クオーター(Q)に守備にほころびが出た。北谷稔行アソシエイトヘッドコーチは「攻撃でのイージーミスやファウルがかさんでしまい、失点につながった。悔しい負け方」と肩を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録