空自スクランブル725回 20年度、最多の中国が減少

 空自の緊急発進(スクランブル)回数の推移
 空自の緊急発進(スクランブル)回数の推移
防衛省統合幕僚監部は9日、領空侵犯の恐れがある外国機に対する航空自衛隊の戦闘機による緊急発進(スクランブル)が2020年度は、前年度から222回減って725回だったと発表した。このうち、国別で最多の中国を対象とした緊急発進は217回減の45.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録