天鐘(4月9日)

キリンは高い木の葉を食べるために首が長くなった。懸命な努力のかいがあって少しずつ首が伸び、その形質が何世代にもわたって遺伝した結果、あんなに首が伸びた…▼1809年、仏国のラマルクが唱えた用不用説。努力で獲得した遺伝子が次代に伝わり、進化を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録