米国、北京五輪不参加も選択肢 中国の人権侵害を批判

 北京市の繁華街に設置されている北京冬季五輪のカウントダウンタイマー=7日(共同)
 北京市の繁華街に設置されている北京冬季五輪のカウントダウンタイマー=7日(共同)
【ワシントン、北京共同】米国務省のプライス報道官は6日の記者会見で、中国の人権侵害を批判し、2022年北京冬季五輪のボイコットも選択肢だとの考えを示した。「(共同ボイコットは)私たちが議論したいことだ」と述べ、同盟・友好国と対応を協議する方.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録