世界遺産登録へ機運アップ 是川縄文館ボランティアを激励

本年度の活動への決意を述べる山地實さん(左)とボランティアのメンバー
本年度の活動への決意を述べる山地實さん(左)とボランティアのメンバー
今夏の世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産に含まれる是川遺跡を盛り上げようと、八戸縄文保存協会(栗村知弘会長)は2日、八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館で、ボランティアの激励セレモニーを開いた。参加した18人が、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録