【センバツ決勝】原動力の投手陣力尽きる 明豊あと一歩届かず

 東海大相模―明豊 8回から登板し1失点の明豊・京本=甲子園
 東海大相模―明豊 8回から登板し1失点の明豊・京本=甲子園
継投策で初の決勝進出の原動力となった投手陣が、力尽きた。明豊はあと一歩、頂点に届かなかった。川崎監督は「全て出し切った。ああしておけば良かった、こうしておけば良かったということは一つもない」と奮闘をねぎらった。 八回から救援した京本が、2―.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録