Free学生服を安価で販売 新学期の家計の助けに 八戸のさくらや

「制服を必要とする人の助けになれれば」と話す池田理知子さん
「制服を必要とする人の助けになれれば」と話す池田理知子さん

学生服を買い取り、引き取りし、安価で販売する八戸市小中野5丁目のリユースショップ「さくらや八戸店」が、新学期に向けて好評だ。店長の池田理知子さん(39)は「店の存在が、家計の手助けになればうれしい」と話している。

 店は元々、同市湊高台に店舗があり、池田さんも利用客だったが、前オーナーが閉店を決めた際に「店がなくなると困る人がたくさんいる」と考え、店を引き継ぐことを決断。それまでの勤め先を辞め、衣類商の資格を取得して昨年12月、市立小中野小近くに店をオープンさせた。

 市内や近隣市町村の保育園・幼稚園~高校までの制服や体操服などを取り扱っており、制服の価格は平均して新品の4分の1程度だという。入荷情報などは、同店のブログで紹介している。

 店内の一部を間貸しすることで、地域住民が気軽に立ち寄り、交流の場所となるような「イバショ」を作る取り組みも行う。池田さんは「地域には孤立化してしまう高齢者らも少なくない。店に来てもらうことで地域貢献にもつなげたい」と話している。

 同店は月、水、木、土の午前10時~午後3時に営業。繁忙期のため、4月11日までは日曜日も営業する。臨時休業や営業時間を変更する場合は同店のブログで報告する。問い合わせは池田さん=電話090(6227)9259=へ。

お気に入り登録