花壇作りに役立てて 中屋敷建設(三沢)が市教委に肥料100キロ

冨田敦教育長(左)に「ステビアキング」の見本品を手渡す中屋敷義美代表
冨田敦教育長(左)に「ステビアキング」の見本品を手渡す中屋敷義美代表
三沢市の中屋敷建設(中屋敷義美代表)は26日、市内小中学校の花壇作りなどに役立ててほしい―と、市教委に有機肥料「ステビアキング」計1・2トンを寄贈した。全12小中学校に各100キロが配布される。 同社は2016年度から毎年肥料の寄贈を行って.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録