【米中外交トップ会談】儀礼無視、ぶつかる本音

 米中の構図
 米中の構図
バイデン米政権発足後初めて会談したブリンケン国務長官と中国の楊潔篪共産党政治局員らは外交儀礼を無視し、報道陣を前に1時間超の非難合戦を続けた。「深刻な懸念がある」「見下すのか」。激しい応酬の背景にあるのは、トランプ前政権が放置した中国の覇権.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録