天鐘(3月17日)

春荒れも過ぎ去り、日ごと春めいてきている。大雪に寒波、そして新型コロナの第3波に翻弄された多難な冬だったが、今日は彼岸の入り、週末には春分の日だ。〈梅一輪一輪ほどの暖かさ〉を実感するこの頃である▼江戸中期、蕉門(しょうもん)を代表する服部嵐.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録