【震災10年】河川敷に「永」の文字照らし 被災地に思いはせ/福岡高生

生徒たちのメッセージが書かれたペットボトルランタンを眺める参加者
生徒たちのメッセージが書かれたペットボトルランタンを眺める参加者
岩手県立福岡高(根反馨校長)の生徒会執行部と家庭クラブ委員会は11日、二戸市の馬淵川公園河川敷で、明かりをともすイベント「復煌(ふっこう)」を開催し、来場者が東日本大震災からの復興を願った。 復興を祈るとともに、高校生の力で地域を盛り上げよ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録