【震災10年】「勇気と希望与えたい」/ロッテ・佐々木朗希投手

 取材に応じるロッテの佐々木朗希投手=7日、千葉市のZOZOマリンスタジアム
 取材に応じるロッテの佐々木朗希投手=7日、千葉市のZOZOマリンスタジアム
東日本大震災で父と祖父母を亡くしたプロ野球ロッテの佐々木朗希投手が震災発生から10年に合わせて思いを語った。「10年前の僕は、たくさんの人から支えられ、勇気や希望をもらいながら頑張ることしかできなかった。今はその時とは違って、勇気や希望を与.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録