Free「あおり運転」容疑で青森市の男書類送検 県内初、妨害運転適用

昨年10月に青森市内を走行中に急ブレーキなどをする「あおり運転」をしたとして、青森署は9日、青森市の無職男(50)を道交法違反(妨害運転)容疑で書類送検した。昨年6月施行の改正道交法で創設された妨害運転が適用されたのは県内初。男は「(追い越されたので)びびらせてやろうと考えた」と容疑を認めている。

 書類送検容疑は昨年10月13日、国道7号の青森環状道路を普通乗用車で走行中、50代男性公務員=津軽地方在住=の軽乗用車が車線変更して前方に出たことに一方的に憤慨。約3分間、約850メートルにわたって急ブレーキや幅寄せをして進行を妨害した疑い。車両の接触やけが人はなかった。

 署によると、現場は片側2車線。事件翌日に被害に遭った男性が署に相談し、男性のドライブレコーダーの映像から容疑者の車両を特定した。2人に面識はない。

お気に入り登録