【北奥羽のクマ事情】(7)八戸周辺 活動ルート複数

撮影する筆者を草むらからうかがうツキノワグマ=2020年9月、秋田県鹿角市田代平
撮影する筆者を草むらからうかがうツキノワグマ=2020年9月、秋田県鹿角市田代平
「マタギ」と呼ばれる狩猟集団が廃れると、クマは人間を怖がらなくなります。山際の農地が放置されて里山の活動が減り、逆に動物は活動域を広げます。そこに栗や柿が生えているとなれば、クマとしても魅力的です。 よく言われるのは、ブナやドングリの不作で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録