Free三戸町が地元出身の学生らに特産品発送 コロナ禍での学業を応援

煎餅やりんごジュースなど、古里の味がそろった特産品詰め合わせ
煎餅やりんごジュースなど、古里の味がそろった特産品詰め合わせ

三戸町は2日、町外に住む大学生らを対象に、煎餅やりんごジュースなどが入った特産品詰め合わせを発送した。コロナ禍で不自由な生活を強いられている学生を応援する企画で、町は「古里を思い出し、自分たちの将来へ向けて頑張ってもらいたい」としている。

 対象者は大学、大学院、短大、専門学校、高専(4年生以上)に通う町外在住の学生。詰め合わせには、町内店舗で作られた煎餅、地域商社「SANNOWA」のりんごジュースのほか、佐瀧本店の地サイダー、太子食品工業の加工食品など、地元事業者が手掛けた多彩な商品が入っている。

 町役場での発送式では、松尾和彦町長、友田博文教育長が初回分の140セットを運送業者に引き渡した。

 松尾町長は「古里を離れて学ぶ学生においしい物を届け、地元からの応援の声を伝えたい」と述べた。

お気に入り登録