【JRA給付金問題】業界二分のスキャンダル

 大阪市の男性税理士が日本中央競馬会の調教助手らに送付した案内文(関係者提供・画像の一部を加工しています)
 大阪市の男性税理士が日本中央競馬会の調教助手らに送付した案内文(関係者提供・画像の一部を加工しています)
新型コロナウイルス禍にもかかわらず、活況の競馬界。飲食店や観光業などが苦境にあえぐ裏で、騎手や調教師ら163人が持続化給付金を不適切に懐に入れていた。業界に顔が利く税理士の甘い誘いを断るのは難しかったか。ただ、尻馬に乗らなかった関係者も多く.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録