プルトニウム融通具体案を提示 電事連、総量削減に向け

大手電力会社が海外に保有するプルトニウムの消費策について、電気事業連合会は2日、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料として再利用するプルサーマルの実施状況に応じ、各社間で融通し合う具体案を示した。対象原発が未稼働の会社保有分を再稼働.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録