【連載・つながる復興道】(2)八戸の優位性

八戸市と仙台市間の沿岸部を結ぶ三陸沿岸道路が全線開通すると、東北地方の高速物流ルートは、東北自動車道などを使う内陸部のコースと沿岸部のコースの2ルートが確立される。 三陸沿岸道路の起点・終点となる八戸市はアクセス性が向上し、物流拠点としての.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録