【刻む記憶~東日本大震災10年】廃業危機から親子で再建 八戸のイチゴ農家

イチゴの手入れに精を出す木村真輝さん(左)と母親の千賀子さん=20日、八戸市市川町下揚
イチゴの手入れに精を出す木村真輝さん(左)と母親の千賀子さん=20日、八戸市市川町下揚
青森県内有数のイチゴ産地である八戸市市川町。農業木村真輝さん(30)と母親の千賀子さん(59)がハウス7棟を経営する下揚地区は、10年前の東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けた。一度は廃業を決意したものの、親子で力を合わせて営農を再開.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録