【震災10年 復興の歩み】(5)階上町 歩道橋整備、避難路を確保

JR八戸線をまたぐように整備された大蛇さざ波歩道橋。避難経路が増え、迅速な移動が可能になった=階上町道仏
JR八戸線をまたぐように整備された大蛇さざ波歩道橋。避難経路が増え、迅速な移動が可能になった=階上町道仏
階上町では、大蛇地区に最大10・73メートル(佐々木幹夫八戸工業大名誉教授の調査による)の津波が襲来した。人的被害はなかったが、沿岸部を中心に住家や店舗など92棟が損壊。大蛇集会所が流出するなど公共施設にも被害が及んだ。小舟渡、大蛇、追越な.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録