コロナ下で注目浴びる小規模林業 副業や新たな収入源に

参加者が作業道づくりを学んだ林業塾=20日、階上町
参加者が作業道づくりを学んだ林業塾=20日、階上町
新型コロナウイルス感染症による経済的な影響が広がる中、林業を新たな収入源として普及させようとする取り組みが青森県内で始まっている。目指すのは、森林組合や業者任せではなく自家伐採で行う小規模な「自伐型林業」で、2月上旬から階上町で「林業塾」が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録