【斗南藩ゆかりの地探訪】(10)六十九種草堂(三沢市)

廣澤安任の住居兼書斎「六十九種草堂」。復元された建物で、当時とは正面入り口の位置などが異なる=2020年10月
廣澤安任の住居兼書斎「六十九種草堂」。復元された建物で、当時とは正面入り口の位置などが異なる=2020年10月
三沢市北部の同市谷地頭に位置する道の駅みさわ斗南藩記念観光村。この地で、旧会津藩士で元斗南藩少参事の廣澤安任=ひろさわやすとう=(1830~91年)が、日本初とされる民間洋式牧場を開設した。一角には、復元された廣澤の住居兼書斎「六十九種草堂.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録