「伊保内高校株式会社設立」へ/生徒全員が社員、経営ノウハウなど学ぶ

高校生の起業家精神育成やビジネススキルの向上につなげようと、九戸村は4月、岩手県立伊保内高の生徒が実質的な経営を担う「伊保内高校株式会社」を設立する。晴山裕康村長が代表取締役、同校の生徒代表が執行役員社長に就き、ほか生徒全員が“社員”として.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら