時評(2月13日)

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(元首相)が女性蔑視発言で辞任に追い込まれた。新型コロナウイルスにより1年間延期された大会は、感染再拡大で今夏の開催が危ぶまれている。そのさなかの暴言で、国内の五輪熱は一気に冷め、海外からの批判.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら