【ワッツ―FE名古屋】序盤の失点悔やむ 後半追い上げ、連係に手応え

最大23点のビハインドを背負いながら、終盤に追い上げ、西地区上位のFE名古屋と接戦を繰り広げた青森。第4クオーター(Q)に2点差まで詰め寄ると、会場のボルテージは最高潮に達した。好ゲームを繰り広げただけに、敗因となった序盤の失点と攻めのミス.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら