Free朝のニュースダイジェスト(2月4日)

【八戸西ナイン、聖地での活躍誓う】
 第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕)に21世紀枠での出場が決まった青森県立八戸西高野球部員らが3日、デーリー東北新聞社を訪れ、“聖地”での活躍を誓った。

 【八戸西高の応援看板設置】
 八戸市は3日、第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕)への出場が決まった、青森県立八戸西高校硬式野球部の祝賀看板を市庁本館北側に設置した。

 【青森県内 新たに6人コロナ感染】
 青森県などは3日、県内で新たに6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。保健所管内別では、八戸市3人、三戸地方と青森市、弘前が各1人。

 【元二戸市議会議長に懲役1年6月求刑】
 青森県青少年健全育成条例違反の罪に問われた、元二戸市議会議長の行政書士小笠原清晃被告(76)の論告求刑公判が3日、盛岡地裁で開かれ、検察側は懲役1年6月を求刑。

 【カード不正使用 男性消防士を懲戒処分】
 八戸地域広域市町村圏事務組合消防本部は3日、拾ったプリペイドカードを不当に使用したとして、八戸東消防署管内の男性消防士(29)を停職2カ月の懲戒処分にした。