一戸町が御所野縄文電力に出資 再生エネでの活性化狙い

株式譲渡契約を結び、協定書に署名した田中辰也町長(左)と小林直人社長=1日、一戸町役場
株式譲渡契約を結び、協定書に署名した田中辰也町長(左)と小林直人社長=1日、一戸町役場
一戸町は1日、木質バイオマスなど再生可能エネルギーの電力販売を手掛ける「御所野縄文電力」(同町、小林直人社長)と株式譲渡契約を締結した。同社の資本金の5%に当たる50万円を町が出資し、再エネを通じた地域経済活性化やエネルギーの地産地消を図る.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら