時評(2月1日)

定置網漁業で水揚げした魚を自動で仕分ける装置の実証試験が1月、八戸市第3魚市場で行われた。情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)などを活用しており、既に近隣自治体の漁協からも視察の問い合わせが寄せられている。漁業現場で人手不足は喫緊の課題.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら