隊員を感染から守れ 救急車内の飛沫シミュレーション実施/八戸

車内の飛沫拡散状況を確認し、必要な対策を考えた実証実験
車内の飛沫拡散状況を確認し、必要な対策を考えた実証実験
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、八戸工業大と八戸消防本部は27日、同本部で救急車内の飛沫の拡散状況を、スモークを使って可視化するシミュレーションを実施した。得られた結果を踏まえ、発熱患者を含めた不特定多数の人を搬送する救急隊員の感染防.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら